男の人

アシナガバチの巣の駆除は素人がやると危険|専門家に依頼

自分で駆除する時のコツ

ハチ

自分で蜂や巣を退治するという場合、市販の殺虫剤を使います。駆除している途中で殺虫剤が切れてしまうケースもあるので、殺虫剤は必ず予備を準備しておきましょう。また、蜂だけでなく巣にも殺虫際を使うという事が大切です。

もっと読む

良い方法を考える

蜂

ハチを退治する場合、自分でする、役所にお願いする、業者にお願いするという方法があります。ハチの巣の状態や金銭的なことなど考えて選ぶ必要があります。人間にとってメリットの要素もあるので、すべてのハチを退治するのは良くないでしょう。

もっと読む

業者に依頼する

ハチの巣

アシナガバチとはスズメバチ科アシナガバチ亜科に属するハチの総称です。アシナガバチと言っても様々な種類があり、日本では11種類が生息しています。日本では直径10センチ程度の巣を作ります。おとなしい性格のため巣にいたずらしなければ刺されることはほとんどないと考えられています。蛾や蝶の幼虫を餌にするため益虫として駆除しない市町村が増えてきています。アシナガバチはおとなしい性格と言っても毒を持っているため刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こして死亡してしまうこともあるため注意が必要です。近づかないことが一番の対処方法と言えますが、どうしても巣を駆除した場合には業者に頼むか、準備を行ってから行うことが大切となります。

業者に頼むのが人気の対処方法ですが、巣が小さい初期段階であれば自力で駆除することも人気です。自力で駆除を行なう場合、ハチが巣に戻ってきている夕方から夜間に行うことを想定して準備していきます。そして動きが弱まった時間を狙って、きちんと防護服を着たいり露出しないような服装を着用し殺虫剤などを使用して駆除するのが一般的となっています。しかし、防護服を着用していても万が一刺される危険性があるため、専門業者に依頼して駆除してもらうのが得策です。専門業者には駆除を行なう上でのプロがおり、適確な作業で巣を駆除してもらえるため被害を防ぐことができるのです。しかし、業者によっても費用が異なるため、依頼する前に複数の業者に見積もりをしてもらい、その内容を比較しながらどこに依頼するかを検討するとよいでしょう。そうすることで、自分に合った業者を見つけることができます。

急いで問題は解決

蜂の巣

蜂の巣は放置すると大きくなって危険性も増すので、放置せずに早めに駆除業者に来てもらうようにしましょう。また急いで業者に来てほしいときでも、後から高い料金の業者を利用して後悔しないように、ホームページを参考に駆除料金を比較して業者を選ぶことも大切です。

もっと読む